• HOME>
  • 醫療サポート

醫療サポートQ&A

Q&A

Q病気や事故などの緊急時にどうすればいいのか分かりません。
AまずはSSCコールセンターにお電話ください。會員専用のフリーダイヤルがあり、24時間365日、夜中でも日本語で対応しています。また、チャイナの醫療事情に精通したスタッフが、ご癥狀にあわせて専門病院を紹介、希望により送迎もいたします。
Qチャイナの病院での醫療費の支払い方法がわかりません。
ASSCがキャッシュレス手続きを代行いたします。提攜病院ではキャッシュレスで治療できます。それ以外の病院でもSSCが立替え払いを行い、保 険會社に請求いたしますのでご安心ください。
Q現在のチャイナ醫療事情について、亂診亂療、検査?薬漬け拝金主義ということをよく耳にします。実際どの病院がよいのかわかりません。
ASSCが安心できる醫療欄関をご紹介いたします。SSCでは日頃から上記のような情報をキャッチしています。SSCを通していただければ、適切な醫療機関や醫師を紹介いたします。さらに公正?客観的?中立の立場から醫療費のチェックを行います。
Qちょっと、男性には???
A女性スタッフがご対応いたします。SSCには女性スタッフも常駐しています。妊娠中の女性や婦人科系の病気の場合、男性スタッフにはよく伝わらなかったりします。SSCでは女性スタッフがいつでもきめ細かな配慮で対応いたしますので、婦人科系のご病気等で女性スタッフをご希望の際には、ご遠慮なくお申し出ください。
Q地方に出張するのだが、心配はないだろうか?
Aチャイナ全土で醫療サポートいたします。チャイナ國內における當社の20ヶ所の事務所及びチャイナ全土に構築したネットワークによるサポート體制がありますので、地方で事故に遭われたり、病気にかかってもご安心ください。

ケース事例

ケース1 急性肺炎 72歳 男性 旅行者
観光のため上海を訪れていましたが、夜になり急に発熱。すぐに市內の病院に入院し治療を受けました。弊社スタッフを病院へ派遣し、ご家族に代わって病狀を把握。癥狀が落ち著いたところで醫師の指示があり、弊社スタッフが付き添いのもと、日本へ緊急移送しました。
ケース2 脳內出血 44歳 男性 駐在員
突然倒れ精密検査の結果、脳內出血であると診斷されました。一時危篤狀態に陥りましたが、その後病狀が安定したため醫師の指示のもと、ストレッチャーにて奧様、お子様、付き添い醫師、弊社スタッフとともに日本へ緊急移送しました。
ケース3 交通事故 70歳 女性 出張者
高速道路を走行中、スリップしてガードレールにぶっかり車が橫転しました。同乗者1名が死亡するという大事故であり、本人も腰椎圧迫骨折、右腕骨折、その他全身何ヶ所か骨折するという大けがを負いました。數日間現地の病院に入院した後、日本に緊急移送しました。
ケース4 腸炎 20歳 女性 留學生
嘔吐と腹痛、下痢のために病院を受診したいと連絡が入りました。弊社スタッフが付き添いのもと受診した結果、急性腸炎と診斷され、脫水癥狀を防ぐために點滴を行いました。その後再診の必要もなく、癥狀は回復に向かいました。
ケース5 高山病 60歳 男性 旅行者
チベット旅行中、高山病のために倒れて一時意識不明の狀態に陥りましたが、
その後、癥狀が安定したため、醫師の指示のもと、チャーター機にて日本へ緊急移送しました。
ページの先頭へ
妈妈的朋友